2021年4月10日土曜日

80’から90’年代にかけての著作の公開

 80年代末から90年台にかけての以下の著作をpdfで公開した。

『環境と社会経済システム』

『エコロジーの経済理論』

『環境とエネルギーの経済分析』(学位論文)

『現代古典派経済学』

『極相社会』

最後の二つは未刊行のものだ。

公開した著作を見直してみると、基本的に「現代古典派経済学」をさらに突き詰めたもの言える。「極相社会」もある意味、その延長線上だ。

A4で1000ページを超えるのではないかと思う。

若い頃の自分に向きあった2週間だった。言葉と思考のみずみずしさが痛いほど伝わってきた。

これで一区切りついた。また、手元にある原稿を整理して公開する日が来るかと思う。それまでは、今、面白いと思っている研究に集中させていただこう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「45歳」

 四十代になった頃だと思う。昔の友達らに「もし45歳をすぎても大学教授していたら、僕は、自分の人生を捨てたと思ってくれ」と言っていた。実際に大学教授を辞めたのは、46歳だから少しずれたことになるが、辞めたことは間違いない。 それは、20歳頃から溜め込んできた自分というものが、その...