『極相社会』

本稿は、私が神戸大学経済学部にいた1998年1月〜4月にかけて書いたものである。出版を意図していたが、引き受けていただける出版社がなかったために実現しなかった。その後、『環境評価入門』(勁草書房、1999年刊)などの執筆に移ったために、そのままになっていた。以下からダウンロードできる。

ダウンロード


本稿の内容は、研究者としての私の最後の到達点であり、もともと社会科学に志した頃の根本問題、社会とは何か、社会の中で人間はどう生きざるを得ないのか、という問題に応えようとしたものである。いくつかの章が未完になっているが、私の意図するところはほとんど書き尽くされている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

「45歳」

 四十代になった頃だと思う。昔の友達らに「もし45歳をすぎても大学教授していたら、僕は、自分の人生を捨てたと思ってくれ」と言っていた。実際に大学教授を辞めたのは、46歳だから少しずれたことになるが、辞めたことは間違いない。 それは、20歳頃から溜め込んできた自分というものが、その...