『極相社会』

本稿は、私が神戸大学経済学部にいた1998年1月〜4月にかけて書いたものである。出版を意図していたが、引き受けていただける出版社がなかったために実現しなかった。その後、『環境評価入門』(勁草書房、1999年刊)などの執筆に移ったために、そのままになっていた。以下からダウンロードできる。(Googleからのダウンロードですが、アカウントを持っていなくても、またログインしなくてもダウンロードは出来ます)

ダウンロード


本稿の内容は、研究者としての私の最後の到達点であり、もともと社会科学に志した頃の根本問題、社会とは何か、社会の中で人間はどう生きざるを得ないのか、という問題に応えようとしたものである。いくつかの章が未完になっているが、私の意図するところはほとんど書き尽くされている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

つっぱる人

 今はあまり使わなくなったが、昔、少し不良時見て世間外れの姿や言葉や行いをする若者のことをツッパリといった。 今の自分はツッパリだと感じる時がしばしばある。ツッパリとは、世間と会わないことにこだわって、通そうということだ。 ツッパリは、面倒だが、あくまで自分の思いを通そうという作...