『極相社会』

本稿は、私が神戸大学経済学部にいた1998年1月〜4月にかけて書いたものである。出版を意図していたが、引き受けていただける出版社がなかったために実現しなかった。その後、『環境評価入門』(勁草書房、1999年刊)などの執筆に移ったために、そのままになっていた。以下からダウンロードできる。(Googleからのダウンロードですが、アカウントを持っていなくても、またログインしなくてもダウンロードは出来ます)

ダウンロード


本稿の内容は、研究者としての私の最後の到達点であり、もともと社会科学に志した頃の根本問題、社会とは何か、社会の中で人間はどう生きざるを得ないのか、という問題に応えようとしたものである。いくつかの章が未完になっているが、私の意図するところはほとんど書き尽くされている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

後20年生きるとしたら

 確かに、20年も生きられない可能性は十分に高い。しかし、時間がどれほど残されているか、それを想定しながら人生を考えるのは必要だ。そして、もし、2。3年の残された時間を想定すれば、小さなターゲットに日々を使うことになり、何かしらそこには物足りなさが生まれざるを得ない。だから、その...